雨漏りの修理、その必要性を少しでも低くするポイント

雨漏りの修理は雨漏りが発生したら、ある程度は必要になってくるものです。



雨漏りは単純に雨水が室内に漏れてきていると言う被害だけに留まりません。
それは住宅に何らかの劣化が発生していることを示しているからです。また雨水が浸みこむことで建物内部にダメージが蓄積されることも考えられるので、雨漏りの修理は必要と言うことです。

MBSニュースのココだけの話をしましょう。

雨の季節があり、また近年、短時間で局地的に大雨が降るゲリラ豪雨に見舞われることも多くなってきている日本の家屋においては、雨漏りは多かれ少なかれ発生し得る可能性がある被害だと言えます。

ただし雨漏りの修理に対する必要性は、その住宅によって大きく変わってきます。雨漏りの修理に対する必要性を少しでも低くしたいのであれば、住宅においては以下のようなポイントを抑えておくことが望ましいです。

まず屋根ですが、瓦に欠けやヒビがないこと、雨樋にも欠けやヒビがなく、なおかつゴミが溜まっていないことがポイントとしては挙げられます。

軒の裏にシミができていないかどうか、棟の漆喰が剥がれていないかどうかも重要なポイントです。


それから外壁です。



外壁はまず塗装が剥がれていないかどうかが重要なポイントで、剥がれていないとしても変色が起きていたり、白く粉を吹いたような状態の場合には要注意です。


勿論、剥がれだけでなくヒビの入りにも目を配る必要があります。

また窓周り床回り、床下もポイントです。

窓周りにヒビが発生していたり、サッシと外壁の間に隙間がある、床の場合は床がぶよぶよしているような気がする場合には、雨漏りの修理の必要性が高いと言えます。