知っておくべき雨漏りの修理

雨漏りに気づいたら、すぐに修理を行わなければいけません。

その原因と修理方法を知っていれば、自分で行えるか業者に依頼するべきかの判断ができます。
雨漏りの修理というと屋根を一番に思いつくでしょう。

納得のエキサイトニュースの総合案内サイトです。

ですが、最上階の雨漏りでなければ外壁が原因であることも多いのです。また原因がまだ深刻でなければ、雨漏りの修理費用もそれほど高額にならずに済みます。放置してしまうとキズが広がり、家の構造体にも大きな問題が発生することになります。屋根に原因がある雨漏りの修理では、棟板金や谷板金が屋根本体との接合部分に隙間が空いてしまうことで起こります。
浮いてしまった棟板金や谷板金は叩いて直したつもりでも、また浮いてきます。



ですから屋根の下地である木材部分から取り替える必要があり、新しい棟板金と谷板金にします。


スレートの屋根はヒビが入るので、葺きなおす必要があります。浮いているだけならば1度剥がして、もう1度葺いてみて安定すればそれで大丈夫です。

ですが安定していなければ、新しいスレートに葺きなおしましょう。



瓦屋根の雨漏りの修理では、下地として充填してある漆喰が台風や強風などや、長い年月の劣化などでヒビ割れが入り脆くなっていることで起こります。

この場合は崩れてしまった漆喰の隙間から雨水が浸入して、雨漏りが発生します。修理の方法としては、古い漆喰をすべて取り除く必要があり、それから新しい漆喰を充填して雨漏りを直すことができます。